実習

実習サポート

実習センター

草苑保育専門学校には、実習をサポートするための機関「実習センター」があります。実習が円滑に進むように、また、学校で学んだことをしっかり活かすことができるよう、保育現場で勤務していた職員が指導していきます。

実習センターのサポート内容

・学生の実習先を検討したり、実習に関する書類の準備、実習先のデータ作成、管理をしています。
実習先は、実習センターの職員が通勤距離、実習先の雰囲気等を考慮した上で決定します。

・実習中には学校の教職員が実習先を巡回訪問します。実習中に困ったことなどがありましたらご相談ください。

・週に1回昼休みに「egg talking café」という会を設けています。実習のことに限らず、学校生活、就職活動のこと等、どんなことでもご相談ください。

実習に関する授業、ガイダンス

実習ガイダンス

実習前に実施します。
実習生としての心構え、注意事項、スケジュール等について全体的な確認を行います。

実習指導

各実習の事前事後の指導では、保育における理論と実践について学びます。

保育技術演習

実習だけでなく、将来保育者になった時にも活かせるような技術を学びます。

実習以外にも、幼稚園の子ども達と触れ合える機会があります

行事「草遊祭」

子ども達が楽しめるような出し物を工夫して行います。

授業「園芸」

子どもたちと夏野菜を植えました。

授業「教職実践演習」

自分たちで立案した計画をもとに、子どもたちの前で模擬保育を行います。

その他にも…

実習経験談発表

先輩たちの実習経験を直接聞ける機会があります。

授業内発表

「子ども達の前でどのように保育を進めるか」を意識して行います。

授業「子どもの保健」

乳児のおむつ替え、抱っこの仕方等を実践的に学びます。