教員免許状更新講習

Q&A

Q1. 選択必修領域の施行前(平成28年4月1日)に、改正前の必修領域(12時間)を受講し認定を受けている場合も、新たに選択必修領域を履修する必要があるか。

A. 必要ありません。改正後の必修領域及び選択必修領域について、認定を受けたとみなされます。また、改正前の選択領域を受講し認定を受けている場合も、改正後の選択領域について同時間の認定を受けたとみなします。
【改正前に受講した者の措置】
「必修」12時間受講→「必修」6時間+「選択必修」6時間
「選択」18時間受講→「選択」18時間

Q2. 申込書にある証明者記入欄に「証明書類の添付でも可」という記載があるが、採用内定通知書のコピーを添付しても良いか。

A. 証明者記入欄の代わりに添付書類にて受講対象者である証明をする場合は、証明者記入欄にある内容(証明日・勤務先名・住所・証明者名・校印)と、受講者の在職が確認できることが必要です。在職証明書(コピー不可)の添付をお願い致します。

Q3. 学校に直接、申込書を持参してもよいか。

A. 受講を希望される方には皆様、申込書のご郵送をお願いしております。ご面倒をお掛けしますが、ご理解の程よろしくお願い致します。

Q4. 受講の際に必要な持ち物はあるか。

A. 特別に用意して頂くものはありません。筆記用具やノート等、講習を受けるにあたり必要だと思うものは各自ご持参下さい。教科書を使用する講習はありません。必要に応じてプリントを配布します。長時間の講義ですので、各自温度調節ができる服装でお越し下さい。

Q5. 受講中、昼食を持参して教室で飲食することは可能か。

A. 講習で使用する教室、カフェテリアでの飲食が可能です。受講中は、利用可能教室等の案内を掲示しますのでご確認下さい。

Q6. 予定が入ってしまったので、早めに帰りたい。

A. 各開講科目に定められた時間数を受講しなければ認定されません。部分的な受講では認定がされませんのでご注意下さい。

Q7. 免許状更新講習が免除されるのは、どのような人か。

A. 校長(園長)・副校長(副園長)・教頭など指導的立場にある方は、受講を免除される可能性があります。受講免除を受けるためには、各自で免許管理者に受講免除の認定申請を行うことが必要です。

Q8. 免許管理者はどこか。

A. 現職教員の方は、勤務する学校が所在する各都道府県教育委員会が免許管理者となります。