学生生活

在校生インタビュー

在校生インタビュー
高杉 菜々子

(2016年4月入学)

 私は草苑保育専門学校に入学してから初めて修養会というものを知りました。
先生方からとてもやりがいがあるということをお聞きして、修養会委員を希望しました。
 4月から新しい学校生活を送りながら修養会の準備を進めるのは大変でしたが、準備を通して、同級生だけでなく先輩や先生方との交流を持つことができ、とても良い経験となりました。
修養会の中では、運動会や少人数に分かれテーマに沿って話し合う分団活動等のプログラムがあります。
 普段は聞くことができない先輩方のお話や意見を聞くことができ、クラスの枠を超えて交流を持ち、学習できるのは修養会ならではだと思います。
在校生インタビュー
田中 廣哉

(2015年4月入学)

 男性保育者として、女性が多い現場でどのように先生方と協力し合い、子どもとかかわっていくかに不安を 抱えていました。しかし5回の実習経験の中で、子どもたちのことを一番に考え、寄り添うという気持ちに男女の差などないと感じるようになりました。一保育者として子どもたちのために何ができるかを考え、保育者同士が力を合わせていくことが大切であると学びました。
 近年、男性保育者が社会的に認知される傾向にあるとはいえ、まだまだ数が少ないという現状です。
男性保育者ならではの身体を使った遊びや、女性とは異なる視点など、現場に良い変化を起こせるような保育者を目指しています。
在校生インタビュー
尾崎 俊介

(2016年4月入学)

 専門的な授業が多く、子どものことについてたくさん学ぶことができます。高校の時にはあまりなかったレポート提出が多くて大変だと思うこともありますが、保育者になりたいという目標があるので、真剣に取り組んでいます。
 キリスト教には草苑に入って初めて触れました。毎日の礼拝では、牧師先生が色々なお話をしてくださり、自分を見つめ直す大切な時間になっていると思います。
 クラス制になっており、担任の先生に気軽に相談でき、良い仲間との出会いもあり、毎日がとても楽しいです。
在校生インタビュー
井上 瑞菜

(2015年4月入学)

 2年間で5回の実習を経験します。幼稚園実習では年少から年長までの子どもたちを一緒に保育する異年齢保育を見させて頂きました。実習前は子どもたちの年齢の区別ができるか不安でしたが、12日間子どもたちと関わっているうちに、それぞれの年齢の発達を知ることができ、机上では学べない貴重な経験をすることができました。
 保育園では幼稚園と比べて子どもたちが園にいる時間が長く、先生方はたくさんの遊びを工夫されていました。特に0~2歳児クラスでは安全面へ特に配慮をされていて、子ども全体を見渡せるように広い視野を持つことが大切だということを学びました。保育者同士の連携や保護者との連携など、授業で教わったことを実際に見ることができ、とても良い学びとなりました。
在校生インタビュー
底 宏美

(2014年10月入学)

 私はクリスチャンです。草苑ではキリスト教の精神に基づいた授業や礼拝があります。 世界で一番のベストセラーの聖書について学んだり、礼拝では牧師やクリスチャンの先生方のキリスト教の話を聞くことができます。 聖書の話の中で、特に心に残っているのは、私たちを見守ってくださる神様がいるということです。先生、友達、これからかかわる子どもたちを優しい気持ちで愛することができるよう、学びを深めていきたいです。
在校生インタビュー
西川 晴世

(2014年10月入学)

 私は大学を卒業し、他校にはない、10月入学のクラスがあることを知り、草苑に入学しました。10月入学のクラスは、様々な経験をしてきた学生も多く、落ち着いた雰囲気の中で集中して学んでいます。入学後、すぐに草遊祭という行事があります。入学早々で初めは大変でしたが、力を合わせて取り組むことで団結することができました。少人数で絆を深められるのは、10月生ならではだと思います。